ゆけゆけ、乙女のつくば道

tsukumichi.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

10 つくば道 温活ステーション

e0259870_12154512.jpg

「つくば道 温活ステーション」は、お散歩途中に寄ってほしい、ほっこりスポット。
「春だから、温める」をテーマにドリンクやフード、ワークショップを気軽に受けられます。
”体の冷え”とは、下半身と上半身の温度差が、上半身が高く、下半身、
特に足元の温度が低い状態をいいます。
水でも空気でも、冷たいものは重く下に溜まり、温かいものは上へと上昇する性質がありますよね。
体内でも、温度差によって冷たい血は下に滞り、温かい血は上へと昇っていくため、
冷えは、老廃物等が体内に滞り易い状態を作り出してしまうんです。
温活とは、体を温めることによって、この冷えを改善し、
健康を維持しようという試みのことを言い、お医者様も体を温めることを推奨しています。

つくば道を歩いた疲れを癒しに、また、女子力UPはモチロン、
冷え性にお悩みの男性の方も是非お立ち寄りください!

■日時 3/26(土) 11:00-16:00
■場所 田井ミュージアムカフェソレイユ(神郡市営Pから徒歩5分)

▶ こんにゃく温湿布と春のお灸で冷え対策
・昨年も好評だったこんにゃく湿布!
あたためたこんにゃくを手ぬぐいで巻いて首や肩に当てると、
”じわ~”とした温かさが体に浸透します。
一度体験すると自宅でも気軽に続けられるので、この機会にぜひお試しを!!
ヤミツキになる人も多い?おすすめです〜
・もうひとつは春のお灸。足の膝に下あたり「足三里」や、
手の親指と人差し指の付け根あたり「合谷」に小さなお灸を。初お灸、やってみませんか?

随時受付15分/参加費500円
つくば草の根はりきゅう院

▶動かして温めよう!「冷えとり健康体操」
「冷えは万病のもと」と言われるように、冷えは体に様々な不調をもたらします。
温活ソックスで足元を温めることによって、体の中に対流が起こり、
体内に滞った老廃物等を排出し、免疫力を高めることができます。
そして、下半身の筋肉をゆったりとストレッチ、
軽い運動によって筋肉に刺激を与えることによって、
さらに体を温めデトックス作用(毒出し)を高めることができます。
関節を動かしたり皮膚の摩擦による刺激によっても、デトックスの作用が促進されるということです。
今回のワークショップでは足指や足裏、膝下の関節や筋肉を意識して動かしたり、
全身の軽い運動によってデトックス作用を促進する体操を体験していただき、
心も体もリフレッシュしていただきたいと思います。

随時募集/所要時間:15分/参加費:500円
担当:mako

▶リュスティックの素朴なお菓子
Au gout rustiqueは、フランス語で、素朴な味という意味です。
日々のほっとする時間に寄り添えるようなお菓子を、
家族のために作るように丁寧に、心を込めて作ります。
e0259870_9155964.jpg
(↑丁寧に作られてる味に、癒されます。)

モンゴルアンテナショップMONの身体を温めるドリンクやソックス
モンゴルのスーパーフルーツ栄養成分たっぷりの
シーバックソーンを使った身体を温めるドリンクや
モンゴルの天然ウールで丁寧に手作りされたあったかソックスや春らしい柄のストールなど

▶杉山農園のショウガホットドリンク
老けにくい、太りにくい、冷えない生活を応援する杉山農園。
体を温めるパワーがあるショウガパウダー入りドリンク。
e0259870_12402545.jpg
(↑田中にある、杉山農園。)

▶WICA GROCERYのハーブや薬草のセルフケアグッズ
ハーブや薬草のセルフケアグッズをオリジナルで作っている WICA GROCERY。
身体はもちろん心も癒してくれるそんなものたちをご紹介。
ミツロウとバラの芳香蒸留水でつくるローズクリーム、ラベンダーサシェ、ハンガリアンウォーター、ハーブマッサージオイル、バックバスソルト、タッジーマッジー。
シルクのインナーや天然素材の衣夏のや帽子も作っています!

■問 唐澤 電話090-6485-0402 メールmkdance77@icloud.com


e0259870_9163522.jpg
(↑田井ミュージアム カフェソレイユの外観です↑)


[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-29 18:28 | 乙女のつくば道2016

5 旧筑波山郵便局 春の公開日

e0259870_13292785.jpg
江戸時代の石段残る 樹齢百年の桜の樹の下に 昭和初期の古い郵便局があります。
春と秋に公開され、局舎の中は静かで懐かしい空気が流れています。
見学自由、筆ペンや色鉛筆など用意され、
昔の机で手紙を書くことができます。
たまには大切な人に手紙を書いてみませんか?

また、局舎前にベンチが出され、桜を見ながらお弁当を広げたりと
ゆっくりできます。

4/1は局舎の前を御神輿が通ります。
15時頃に通過予定で、局舎前の石段を勢い付けて登る姿が勇壮です。
ベンチに座ってお神輿を待てるポイントです。

車の通らない場所にありますので、徒歩等でおいでください。
春を感じながらつくば道をのんびりと歩いてきてみませんか?


■日時  4/1(金)・2(土)・3(日) 10:00-15:00
■行き方  つくば道の道標よりつくば道を上り徒歩約90分
    神郡市Pより上り徒歩約60分/ 筑波山神社より下り徒歩5分
    筑波山シャトルバスにて「筑波山神社入口」 より徒歩5分
■問  公開日担当090-8103-6427
[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-29 18:26 | 乙女のつくば道2016

16 里山研 春のろくろく上映会 『山に生かされた日々』

e0259870_11183757.jpg
記録映画で日本の生活文化を学ぶ「ろくろく上映会」の第3回。
民映研のアーカイブよりダムに沈んだ集落の生活を記録した
「越後奥三面 山に生かされた日々」を上映。
鑑賞後は、民映研創立に参加し、多くの記録映像を撮られた
カメラマンの伊藤碩男さんを迎え、車座トーク!

■日時  3/27(日) 15:00-18:00(上映2.5h/車座トーク0.5h) ※開場14:30
■場所 北条 宮清大蔵(国有形登録文化財) つくバス小田シャトル「北条仲町」
■参加費 1200円
■定員 30名
→まだまだ空席有り!お待ちしております!!

■問/申込み 里山建築研究所  
電話 029-867-1086 / メール sal@satoyama-archi.co.jp
[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-29 18:22 | 乙女のつくば道2016

15 つくばんてん 展示・仕立て注文会

e0259870_1653289.jpg


”綿畑が広がる美しい里山の風景を子供たちに残したい”と願いをこめて
筑波山麓で作られた貴重な綿があります。
無農薬で栽培され一つ一つ手摘みされた綿は
空気をたくさん含み暖かく、軽くて中綿に適した上質な綿になりました。
その綿で作られたはんてんやちゃんちゃんこ、ぜひお手に取ってご覧下さい!

[日時] 4/2(土)・3(日)  11:00-16:00
[場所]カフェポステン(営業11:00-18:00)
[問]  はんてん屋  029-852-0774
[協力] 筑波山麓わた部
[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-29 18:18 | 乙女のつくば道2016

 14 春のポステンポ ”裏庭カフェ&雑貨店”

e0259870_164457.jpg


八郷のリムトさんの雑貨、焼き菓子、
同じく八郷の田中農園さんからは人参ジュース、ペトランの天然酵母パン、グラノーラ
そしてポステンからはドリンク、豆カレー、サンドなど。
ポステンの裏庭で素敵な時間をお過ごしください♪

■日時 3/26(土)、27(日)
■場所 カフェポステン(つくば市北条)
※ 期間中お店は通常営業11:00-18:00
[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-29 16:20 | 乙女のつくば道2016

17 写経で心静かに

〈写経体験、3/31の午前中はおやすみ〉
3/31(木)の午前中はお休みし、午後1時から開始するとのことです。
e0259870_159654.jpg


垂れ桜が美しく咲く泉子育観音様。
真言宗豊山派のお寺で、江戸時代からの古い建物。
室町時代からの鐘楼や本堂。
参籠場と呼ばれる修行の部屋で写経をしましょう。

経文の一文字一文字を仏さまと想って心をこめて浄写すれば
さらにその功徳は計り知れないものであるとされます。

■日時  3/27(日) ~4/3(日)  9:30~14:30
*mapチラシの表面の曜日が間違っておりました。
〜4/3(水)→正しくは4/3(日)です。謹んでお詫び申し上げます。

■場所  慶龍寺  (つくば市泉234)   *目印「泉子育観音」と大きく書いてあります。
     つくバス北部シャトル「筑波交流センター」より徒歩15分 駐車場あり
■参加費  写経1000円  桜の下でお抹茶御希望の方500円
■問/申込み] 慶龍寺029-867-0323  ※筆、お墨用意あり。ご自身のものをお持ちの方はご持参ください。
[HP] http://www.izumi-kosodate.com/
http://www.izumi-kosodate.com/

e0259870_15143638.jpg
e0259870_15144523.jpg

[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-27 15:14 | 乙女のつくば道2016

11 春の縁結びウォーキング

e0259870_1124821.jpg


専門のトレーナーと一緒につくば道をウォーキング。期間中2回別ルートで行います。
つくば道沿いで開催中の”乙女”な催し物に立ち寄りながらゴールを目指します!
是非、快適な運動と新たな出会いのダブルドキドキ♡を体感しましょう!
あなたならどちらのコース??

①コース 
みんなでポカポカ温活&蚕影神社コース(つくば道の道標〜蚕影神社)
■日時 3/26(土) 13:00〜17:00
■定員 15名(年齢、性別不問)
■参加費1,500円 (温活ステーション体験代、軽食、保険代込み)

②コース
縁結びのパワースポット筑波山神社参拝コース (神郡〜筑波山神社)
■日時 4/3(日) 10:30〜14:30
■定員 18名(25歳以上、独身の方限定)
■参加費1,500円 (SANROKU食堂のステーキ丼、保険代込み)

両日共通
■集合場所 Conditioning Station FINE (北条85 広瀬医院/つくバス小田シャトル「北条仲町」)
■問合せ/申し込み Conditioning Station FINE (担当:小出) 電話 029−867−1193  facebookページもあります
  メール info@fine-tsukuba.com
■雨天時は屋内で素敵なイベントを開催!
*3/20現在、両コースとも空きがあります。ご希望の方はお早めに!!

e0259870_14302297.jpg

[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-26 11:36 | 乙女のつくば道2016

7 シェアスペース ムクムク  Mazal 2016 Spring

e0259870_1183326.jpg


つくば道六丁目の鳥居から程近い見晴らしのよい場所に建つ
空別荘をリノベーションした”シェアスペースムクムク”
Mazal 2016 Springでは
子供達による手づくり市”こどもマルシェ”、乙女達による”乙女マルシェ”開催!
夕暮れ時にはサンセットLIVE!
出店、出演者も募集中。先着順ですのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。

「Mazal」とは
マザールと呼びます。ヘブライ語で幸運を意味します。
マザールは人々が混ざーる、音が混ざーる、思いが混ざーる、と
いろいろな者や物、事柄、意識、ジャンルや世代が混ざりながら息吹を生み出します。

■日時  4/2(土)、3(日)    10:00〜16:00
■場所 シェアスペースムクムク   ( つくば市筑波602) 
■参加費/料金  入場は無料 。  こどもマルシェ出店料 (1ブース)300円  
■問い合せ/申し込み    facebook メッセージ
または mail qatsi1969@gmail.com     まで!          
[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-26 11:23 | 乙女のつくば道2016

6  Tsukuba Olive Club の桜葉祭(オーリーブズフェスティバル)

Tsukuba Olive Club(つくばオリーブクラブ)は
オリーブとアートをキーワードに、楽しみながらオリーブを育て、Tsukubaにオリーブ文化を広め、
人々との交流を目的に活動しているグループです。
その活動の一つ、春と秋に開催されている桜葉祭(オーリーブスフェスティバル)。

オリーブ茶、桜マカロン(200円)、サラームの週販売など。
春の陽差しを優しく受け止める切り紙オーナメント作り(4/2のみ)もあります♪

■日時 4/1(金)〜3(日) 10:00〜15:00
■場所 大越邸 (旧筑波郵便局から石段を10段ほど下がったところ)
■切り紙ワークショップ (4/2) 茶菓子付き 500円
■抹茶とお菓子 (4/3) 500円
■問  Tsukuba Olive Club

e0259870_1142348.jpg
 
e0259870_1143646.jpg

[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-26 11:07 | 乙女のつくば道2016

4 乙女の織り姫体験

e0259870_1910990.jpg


本格的な高機(織り機)で機織りを体験してみませんか??
木綿制の思い出の布や、古着を糸いして裂織りを大変してもらいます。

■日時 4/2(土)、3(日) 
午前の部10:00〜12:00/午後の部 13:00〜15:00
■参加費 2,000円
*織った布はお持ち帰りできます♪
■定員 各回2〜3名。予約制。
空きがあれば予約なしでも体験できることも。
ぜひお立ち寄りください!


■場所 つくば道六丁目の鳥居下 菅江工房 (筑波1498)
■問/申込 nsugae@md.tsukuba.ac.jp
[PR]
by tsukubamichiko | 2016-02-25 19:13 | 乙女のつくば道2016